江戸川台・運河の個別指導塾No.1を目指すアドバンスの【英語指導】のこだわり

江戸川台・運河の個別指導塾No.1を目指すアドバンスの【英語指導】のこだわり

英語で必要な要素とは

英語は、2020年に向けての教育改革で、最も注目を集めている教科です。

 

英語で必要な要素は、

英単語 + 文法力 + 英文作成力

です。

 

では、学習塾アドバンスでは上記3つをどうやって対策しているのか。
学習塾アドバンスのこだわりの英語指導をご紹介します!

 

江戸川台・運河の個別指導塾No.1を目指す塾としての《英語の指導法》

①英単語が身につく小テストをする

英単語は、日々の地道な努力が成果につながります。
そこで、当塾では、高校受験までに約1,000個の英単語を覚えられるように、授業毎に小テストをおこなっています!

 

「英単語を笑うものは、英単語に泣く!」ということで、
こちらのような問題プリントが計17枚あり、塾生は日々コツコツと英単語を習得しています!

 

②文法力が身につく個別指導をする

文法は、語学の4技能「話す・聞く・読む・書く」の土台となるとても大切な要素です。
当塾では、「すらら」という学習教材を用い、言葉の組み立てルールとして文法を理解しながら、
都度出題される問題に対応することで、「わかる」が「できる」になるよう学習を進めています。

 

③英文作成力を磨かせる!

日本人は、特に英文作成力が弱いといわれています。(学校であまり習わなかったので、当然ですよね。)

千葉県の公立高校入試でも、英作文の問題は出題されます。
英作文の問題は、単語や文法が身についていても、英文作成力を磨いていないと、なかなか対応が難しいですよね。

 

では、どうやって英文作成力を磨くとよいのでしょうか。
それは、「英文を定型文として覚えてしまう」ということです。
単語だけでなく、英文をまるまる覚え使える英文を増やしていくことで、英作文の問題に対応することができます。

 

ですので、当塾では英文の小テストもおこなっております!こちらは、定期テスト対策としても、効果抜群です!

また、学習塾アドバンスでは、小学生から英語の個別指導をしています。
幼いころからじっくりと英語を習得させると、英語に対しての苦手意識がなくなり、生涯使える英語力につながります!

前のブログにも書いたとおりですが、江戸川台・運河にも多くの学習塾があります。小学生から英語を学べるかどうかというのも、選択基準のひとつにされてみてはいかがでしょうか。

 

以上、本日は学習塾アドバンスのこだわりの英語指導についてでした!

 

※当塾の数学指導のこだわりはこちら

2018/10/7更新

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。